ブログからの最新

カジノはほとんど出来すぎに思えるような、興味深い伝説、物語などの噂が出る場所です。カジノとギャンブルに関する興味深い事実のいくつかは、運営が許可されていない地域からのものです。人を大勝利のチャンスから遠ざけることが難しいことの証明です。  以下、カジノとギャンブルに関してご存じないであろう、とんでもなく面白い事実をご紹介します。   1. FedEx創業者は危機的状況の際、ブラックジャックで27,000ドルを稼ぎ、ラスベガスのギャンブルで会社を救いました!フレデリック・スミス氏は1973年、ラスベガスへ行き、全額賭けたとき、会社には5,000ドルしかありませんでした。   2. 依存を辞めたいギャンブラー用プログラム「自発的排除(Voluntary Exclusion)」で自発的にカジノから出入り禁止に- このプログラムで、1年間、5年間、または死ぬまで、自分で禁止できます。  3. ネバダ州刑務所には囚人用カジノ施設があった-  ギャンブルはネバダでは一大産業であり、囚人は刑務所内の石造りの建物「ブルペン」でブラックジャック、クラップスなどをプレイし、スポーツベッティングすらできました。  4. モナコ市民はギャンブラーのパラダイス、モンテカルロカジノでギャンブル禁止- モナコ出身でない場合のみギャンブルが出来ます。  5. ゲームフロアで用を足すギャンブル中毒者がいる-  テーブルやスロットマシンから離れるのを嫌って、その場で用を足したり大人用おむつを着用する人が中にはいるとか。  6. 世界で一番小さいカジノはロンドンのタクシーの中-  タクシー後部座席にモバイルカジノがあり、ゲームテーブル、ディーラー、バー、スポーツ観戦用テレビがあります。  7. サンドイッチはほぼカジノで発明された-  第4代サンドウィッチ伯ジョン・モンタギューはギャンブルに夢中で、食事のためにゲームのテーブルを離れたくありませんでした。食事とプレイを同時に行えるよう、モンタギュー伯爵は召使にスライスしたパンの間に肉を挟んで持ってくるよう言いつけました。こうして「サンドイッチ」が誕生しました。  8. 第二次大戦の退役軍人がスロットで2,500万ドル以上勝った- エルマー・シャーマンさんは1989年、「ザ・ミラージュ 」のスロットマシンでなんと460万ドル勝ちましたが、満足しませんでした。エルマーさんはもう一つのジャックポットで勝ち、「人生の夢」を達成しました。  9. 最初のスロットマシンは、カジノにはなかった- 実際、サンフランシスコのチャールズ自動車工場にあり、車の修理の間、客がプレイするためのものでした。  10. スロットマシンは、フルーツ風味のチューインガムを実際に出していた-  スロットマシンにフルーツの絵があるのは何故でしょう?1880年代初期のスロットマシンは実際にフルーツ風味のガムを出していたからです。  11. ルーレットのホイールの数を合計すると666になる-  ホイールの全数字を足すと666になりこれは聖書の悪魔の数です。  12. ペニースロットマシンは、カジノの他のゲームより一番お金を多く稼ぐ-  ペニースロットは実際、カジノ業界で一番売上が大きなゲームです。  13. カジノは日本で違法だが抜け穴がある- カジノは日本では違法ですが、日本人でもギャンブルできる抜け穴を考案したとか。   14. ラスベガスでの最初のカジノライセンスは女性に発行された-  最初の合法カジノライセンスは、1920年、カジノ「ノーザン・クラブ」でマイメ・ストッカーという名前の女性に発行されました。  15. マカオは世界のギャンブルの首都ではない-  マカオ市はカジノでのギャンブルが合法化された唯一の中国領土です。また世界最大のギャンブル都市でもあります。  16. アメリカのルーレットはヨーロッパのルーレットより勝つのが難しい-  アメリカでルーレットをプレイするギャンブラーは少しだけ勝つのが難しくなります。  17. ラスベガスのカジノは1950年代に原子爆弾試験が行われた- 1951年から、米国エネルギー省はラスベガスの北西65マイルにあるところで1,000を超えるテスト核を爆発ました。これは、夜を昼に変えキノコ雲を残した恐ろしい光景です。カジノの観光スポットからこれが見えたそうです。  18. 「クラップス」の語源は「カニ」である-  「ハザード」(こちらの方が良い名前の響き)と呼ばれる昔のイギリスのサイコロゲームから始まりました。ハザードでは「1のゾロ目」が出ることは「カニ」が出るといいました。  19. カードカウンティングは合法である(しかし退場させられることがある)- カードカウンティングはブラックジャックでは完全に合法的な戦略です。どのカードが配られ、山にどれが残っているか、プレイしながら追跡します。  20. 全米初の国際カジノは1955年に開業- 「ムーラン・ルージュ」カジノとホテルは1955年3月24日に開業しました。これは歴史的な出来事で、1カ月もしないうちに「ルージュ」のダンサーたちが雑誌「ライフ」の表紙に登場しました。  21. カジノは酸素をゲームフロアーに出さない-  小説『ゴッドファーザー』の著者マリオ・プーゾは、酸素を出す架空のカジノ「ザナドゥ」を登場させました。おそらく、読者にこれが本当に行われていると思わせたのでしょう。  22. カジノ業界はネバダで州宝くじの非合法化を継続している-  税金上のメリットの可能性にも関わらず、カジノ業界はネバダで州宝くじの非合法化を継続しています。  23. 禁煙カジノから救急車出動要請が減少している-  カリフォルニア大学サンフランシスコ校はカジノにおける喫煙禁止の健康への影響を調査しました。その結果は驚くべきものではなく、コロラド州でカジノへの救急車の出動要請は、2008年に禁止が施行されると20%も減少しました。  24. インディアン居留地でのカジノブームはビンゴホールから始まった-  今やインディアンカジノは珍しくありませんが、1979年、フロリダ州のセミノル族がハリウッドで小規模のビンゴホールを始めました。ビンゴはホールで2,000ドルまで勝つことができ、同州を混乱させました。ギャンブルの勝ちの法的制限を超えていたからです。  25. ディーラーは、テーブルを去る前にカメラに向かって手を見せる必要がある- ディーラーは拍手か両手の「ほこりを払う」ことで、手のひらをカメラに見せ、チップを盗もうとしていないことを示します。ディーラーによるチップの万引きは最も一般的なカジノ犯罪であるため、カジノのオーナーがこのルールを導入しました。 ...

「統合型リゾート」の一部としてのカジノは雇用を生み、ツーリストを引き寄せると日本政府は主張しています。反対者は、ギャンブル依存症が増加し、暗黒街のギャングの勢力が拡大すると主張します。日本がギャンブル法案を書き直した提案を提出してから20年以上あとに、政府は統合型リゾート施設の一部としてカジノを合法化する法案を可決しました。  ホテル、会議施設、劇場、小売アウトレット、レストラン、その他の娯楽施設とカジノを結合した統合型リゾートは新しい雇用を生み、地方自治体に必要な収入を増やし、日本への外国観光客を追加で引き寄せると、政府は主張しています。  日本国民はこれまで無関心でした。法律上、日本中で3カ所が最初の統合型リゾートに選ばれ、2020年代中頃までに営業開始予定です。最初のプロジェクトが成功すれば、リゾートが将来追加建設されるでしょう。 ...