nugooの手拭い柄辞典

nugooにはたくさんのおめでたい(吉祥)柄の手拭いがあります。ここではそれぞれのデザインの特徴や意味をご紹介いたします。 
御祝やギフトなどの参考にしていただけましたら幸いです。


麻の葉(あさのは)

成長が早く丈夫な麻は、まっすぐ、大きくなりますようにと願いを込めた縁起柄で、
昔から産着などの柄に使われてきました。



市松(いちまつ)

元は石畳と呼ばれていた模様。江戸中期の歌舞伎役者・佐野川市松が舞台衣装の袴などに
その模様を用いてから市松模様と呼ばれるようになったと言われています。



ウロコ

蛇を表した模様。脱皮することから「厄を脱いで生まれ変わる」という意味を持ち、
この模様を身につけていれば厄払いになると言われています。



おかめとひょっとこ

おかめはお多福とも呼ばれ、ひょっとこは火男で火の神様。
縁起のよい二つの顔が厄を祓ってくれます。



髪かざり(かみかざり)

櫛は、髪を「解」き、かんざしは「結」うことから嫁、姑の中を円満にとりもつとされています。



菊つなぎ(きくつなぎ)

様々な種類の菊が繋がるように描かれた、縁起の良い文様です。
菊は花びらが放射線状なので日光に例えられ、永遠と繁栄の吉祥柄とされています。



子持ち輪並び(こもちわならび)

大きな円が親、小さな円が子を表し、その円が連続していく様子から
子孫繁栄を表現した縁起柄です。


紗綾形(さやがた)

もともとは稲妻と菱垣の模様を織りなした紗と綾の絹織物の模様で、卍模様とも言われています。
永遠に続くことから繁栄などの吉祥柄とされています。



七宝花(しっぽうか)

七宝(金・銀・瑠璃・瑪瑙・玻璃・珊瑚・シャコ)は円形が繋がり広がっていくことから
円満を表す吉祥柄とされています。



白海老(しろえび)

海の老人と書いて、海老(えび)。長い髭と曲がった腰の容姿は長寿の象徴とされています。



水仙(すいせん)

12代目市川團十郎の伯母、市松翠扇の家紋風図柄として作成された、
水仙を真上から見た珍しい柄です。



青海波(せいがいは)

海の波をパターン化し、図柄の地紋模様として背景に用いられてきました。
古典から現代まで通じる洗練された伝統柄です。


蜻蛉(とんぼ)

蜻蛉は前にしか進まず退かないところから「不退転」の精神を表し、勝ち虫と呼ばれ、
兜や鎧、刀などの武具の装飾に用いられ、武士が好んだ柄です。


波(なみ)

漁師が無事を祈願するために用いられるほか、
海の神を祀る神社のシンボルとして祭事の衣装などに用いられます。



波に龍(なみにりゅう)

龍は神の化身。ふりかかる不幸や災厄を祓ってくれる守護の神獣と言われています。
力強い目に神秘的な力が表れている伝統的な柄です。



願い事、叶いますように(ねがいごとかないますように)

結び文の「願い事」と◻︎と十で「叶」、あて字の枡で「ます」。御利益がたくさんつまった柄です。


瓢箪(ひょうたん)

瓢箪を六つ合わせて六瓢(むびょう)=無病とかけ、無病息災を願った縁起柄。



本荒磯(ほんあらいそ)

荒磯を鯉が踊るように波間を泳いでいます。どんなに厳しい荒波も波に慣れれば上手になる。
そんな教えをといてくれているような柄です。

柳に燕(やなぎにつばめ)

つばめが巣をかける家は吉事があるとか、火事にならないと言われています。
また、人間の作物に害を与える昆虫を食するために、穀物の神の使いとされています。